破損したとみられる水道管の工事のため、始まった作業=19日夜、和歌山市

 破損したとみられる水道管の工事のため、市南東の一部地域で最長3日間の断水が予定されている和歌山市で19日、掘削に向けた工事が始まった。市によると、午後10時ごろには水道管の水圧を下げるためバルブを締め断水予定だったが、漏水箇所が特定できず作業が遅れ、断水は20日以降になる。市内全世帯の約5分の1に当たる約3万5千世帯(約8万人)に影響する。20日午前9時半から対象地域の小学校などで給水車を配置し対応する。

 市は8日、同市の国道24号の交差点地下にある農業用水路内に、水道水が流入していることを確認。1962年に使用を開始した古い水道管が破損したとみられる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加