4位でゴールテープを切る佐賀のアンカー・井手孝一=広島市の平和記念公園前

 第25回全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市の平和記念公園前発着の7区間48キロのコースで競い、佐賀県は4位入賞を果たした。序盤で流れをつかみ、4区途中までトップでレースを展開するなど各選手が奮闘。昨年の23位から大きく順位を上げた。入賞は8位だった2012年大会以来8年ぶり。

このエントリーをはてなブックマークに追加