「竹の園 ナチュラリィ」矢野酒造

 山田酒店の山田晃史店主に聞きました。

 矢野酒造がヤブタ式の搾り器を入れ替え、初めて稼働させてでき上がった新酒。「もっといい酒を造りたい」という杜氏(とうじ)のチャレンジが光る、蔵元が変わる節目の1本です。手頃な価格は「もっとお酒を楽しんでほしい」という心遣いの証し。バナナを思わせる香りが広がり、やや辛口で杯が進みます。春のさわやかな新酒の味を覚えて、熟成してまろやかになった秋の酒を待つのも粋な酒の楽しみ方でおすすめです。(720ミリリットル、1100円)

このエントリーをはてなブックマークに追加