九州新幹線長崎ルートのフル規格推進派による意見交換会。佐賀県や市町の議員ら約130人が参加した=佐賀市大和町のウェルネス大和

 九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)のフル規格化を求める関係者の意見交換会が18日、国土交通省やJR九州の担当者を佐賀市に招いて開かれた。国交省幹線鉄道課の足立基成課長は、佐賀県の財政的な負担軽減に向けた法改正の可能性について「県との協議次第だが、必要となれば努力したい」と述べた。国交省が公の場で法改正を視野に入れた言及をするのは初めて。

 足立課長は、距離に応じて自治体が負担する現行ルールから受益の割合を勘案する仕組みに変える法改正の可能性について会場から質問を受け、「今、国として何か検討している状況ではない」としつつ、「(佐賀県との)協議の中身次第だが、それでいこうと決まったのに法律が邪魔してできないのはよくない。必要となれば国会を通す努力をしたい」と答えた。

 会合を主催した今村雅弘衆院議員(比例九州・鹿島市)は与党の整備新幹線プロジェクトチームのメンバーで、フル規格推進の立場。武雄温泉駅での対面乗り換えが続けば利用客に負担が生じるとし、「一日も早くフル規格の方向性を示さなければ、必ず佐賀県、国、JR九州に大きな批判が起きる」と指摘、「県の実質的な負担は少ない。正しい理解、判断をしてほしい」と訴えた。

 JR九州新幹線計画部の牛島康博部長は鹿児島ルートでの実績を示し、フル規格の有効性を強調した。長崎駅の開発状況も紹介し「新幹線は佐賀駅周辺のまちづくりを大きく変えるきっかけになり得る」とした。

 会場からは「人口が減少する中で在来線は存続できるのか」との指摘や、政府与党が唐突にフル規格に方針を転換したと捉え「(フルに反発する)知事が悪者になるのはおかしい」と擁護する声も上がった。会合は冒頭を除き非公開で、県や市町の議員ら約130人が参加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加