3位になった小林陵侑(ゲッティ=共同)

 【ティティゼーノイシュタット(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は18日、ドイツのティティゼーノイシュタットで個人第14戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)は2回とも138・5メートルの合計282・8点で3位となり、6試合ぶりに表彰台に立った。

 ダビド・クバツキ(ポーランド)が140・5メートル、141メートルの290・1点で今季2勝目、通算3勝目を挙げた。伊東大貴は16位、佐藤幸椰は18位、佐藤慧一は24位、小林潤志郎(以上雪印メグミルク)は28位だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加