「稚児落としの滝」など、吉野ヶ里町を流れる蛤水道(はまぐりすいどう)にまつわる江戸時代の伝説は、佐賀、福岡両藩の水争いの物語。同じ出来事のはずだが、県境を越えるとまったく様相が異なる。元佐賀県教育長の古藤浩さん(90)=佐賀市=が、佐賀、福岡双方の資料を比較した。