第三章 疾風怒濤(七十四)こうした時代の変革期は、誰もが暗闇の中を手探りで進んでいくようになる。それが怖い者は、新たな時代にたどり着くことはできない。 ちょうど夕日が西に見える長崎湾に沈み始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加