佐賀県GAP(農業生産工程管理)推進大会がJAや行政、農業関係者ら約220人が参加してこのほど、小城市で開かれた。県内の先進事例として、GAPを用いて長粒米の生産に取り組んだJA伊万里GAP部会の報告などがあり、農作業での安全確保に役立つGAPの重要性を学んだ。