四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の運転差し止め仮処分決定を受け、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の運転差し止めを求めている訴訟当事者たちは「司法の良心を久々にみた」などと歓迎した。一方、訴えられている事業者側は「安全性を理解してもらえるよう真摯(しんし)に対応する」とコメントした。