秀島敏行佐賀市長(左)の発声で乾杯をする会員=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 佐賀県内に支社や支店を置く大手企業の支店長らでつくる「ブランチ佐賀さかえ会」(座長・中尾清一郎佐賀新聞社社長)の新年会が17日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で開かれた。約50人が県内情勢などについて意見を交わし、今年の展望を語り合った。

 来賓の山口祥義知事は、2023年に佐賀で開かれる第78回国民スポーツ大会・第23回全国障害者スポーツ大会の愛称が「SA(さ)GA(が)2(にー)0(まる)2(にー)3(さん)」に決まったことに触れ「すばらしい佐賀をつくっていきましょう」と祝辞を述べた。中尾座長は「佐賀のなりわいは古く、一つ一つが丁寧であることは県民の誇り。ビジネスシーンで心にとどめてもらえる地域になれば」とあいさつした。

 昨年の例会で講師を務めた窓乃梅酒造の古賀醸治社長らも参加し、会員と歓談した。

このエントリーをはてなブックマークに追加