試合形式の練習でゴールを決め、アピールしたFW林大地(中央)=沖縄県の読谷村陸上競技場

 サッカー・J1サガン鳥栖は17日、沖縄県の読谷村陸上競技場でキャンプをスタートした。全選手が精力的に体を動かす中で目を引いたのは、大卒ルーキーとしてプロ入り初のキャンプに臨むFW林大地とDF森下龍矢。2人とも「開幕スタメン」を目標に掲げ、初日から強烈にアピールした。

 「常に結果を残し、僕の活躍で先輩方を慌てさせて尻に火を付けられたらいい」。今季、大阪体育大から加入した林は、早速行われた試合形式の練習で複数得点をマークした。

 裏に抜け出してボールを呼び込むと、無理な体勢からのシュートでもゴールネットを揺らす高い決定力を見せた。林は「FWの他の選手より点を取ってアピールしなければ、開幕スタメンはない」と決意を口にした。

 同じく鋭い動きを見せたのが、明治大から新加入の森下。持ち前の突破力で左サイドを駆け上がり、チャンスメークした。森下も「キャンプは開幕スタメンを勝ち取るための過程に過ぎない。しっかり自分を見せつけることを意識したい」と燃える。

 チーム内の競争が激化するのは指揮官も大歓迎。金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「昨年主力だった選手でも、あぐらをかいていたら絶対に(スタメンを)とられる。競争がないとチームの上積みはない。今季入った選手たちがいい刺激になっている」と満足そうに語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加