大阪府吹田市の吹田署千里山交番で昨年6月、古瀬鈴之佑(すずのすけ)巡査(27)=佐賀工高出身=が男に包丁で刺され拳銃を奪われた事件で、通院しながらリハビリを続けている古瀬巡査が20日に職場復帰することが17日、府警への取材で分かった。当面は交番勤務ではなく、吹田署地域課で事務作業に当たる。左手を上げると胸の傷が痛むなど後遺症があり、復帰後もリハビリを続ける。

 昨年6月16日に起きた事件で、古瀬巡査は出刃包丁で左胸や両太もも、左腕などを刺された。胸の傷は肺を貫通して心臓まで達し、一時意識不明となったが、回復して昨年11月に退院。今年1月16日に主治医から職場復帰を認められた。

 古瀬巡査の佐賀工高ラグビー部時代の恩師・小城博さん(69)は「復帰できて本当にありがたい。一晩で犯人逮捕につなげた大阪府警のみなさんに心から感謝したい」と語った。古瀬巡査に対しては「バックアップしてくれたいろんな方々に恩返しをしないといけない。これにひるまず、不撓不屈(ふとうふくつ)の精神で大阪府民、国民を守る仕事を貫いてほしい」とエールを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加