イタリア中部にある内陸国サンマリノのマンリオ・カデロ駐日大使が16日、多久市役所を訪れ、横尾俊彦市長と面会した。互いの国の歴史や文化について意見を交わし、交流を深めていくことを約束した。 同市の宿泊施設タクアで3月に開かれる同国の食文化に関する催しの打ち合わせで、妻のエリザベスさんと来県した。