防腐作用があることから、ちまきや笹(ささ)団子など、食べ物を包む材料として古くから使用されてきたササは、日本中の山間部に生息しているイネ科の植物です。 そのササの一種であるクマザサは京都原産で、他のササに比べ葉が大きく、草丈も1メートルほど。