みやき町と久留米市をつなぐ天建寺橋は、2基の橋脚に直径20センチのワイヤー80本で橋桁を吊る斜張橋で1999年完成の2代目。楽器のハープを連想させる斬新な姿は四季折々、筑後川に美しく映える。 1代目の橋が架かるまでの移動手段は「天建寺渡し船」だった。