グラスアートを楽しむ皆さん。中央が講師の大西恵子さん=上峰町文化センター

 ステンドグラスの美しさを手軽に楽しめるグラスアートの魅力に引かれ、上峰町文化センターで作品作りを楽しむのは、グラスアートクラブ「花ゆう」の皆さんです。

 講師は、グラスアート歴15年、佐世保市在住の大西恵子さん。上峰町のほか、佐世保、唐津、嬉野と各地で教室を開き、魅力を伝えています。

 グラスアートは、リード線を貼ったガラスにUVカットした特殊カラーフィルムを貼り付けます。ステンドグラスの補修材として英国で発祥し、子どもから高齢者まで気軽に楽しめ、アートとともに建築材としても発展しています。

 基本の図案作りからスタートし、350種のカラーフィルムの組み合わせが、カラフルなインテリアとして生活空間に彩りを与えます。問い合わせは大西さん、電話090(1343)8473。(地域リポーター・橋本美雪=みやき町)

このエントリーをはてなブックマークに追加