広島高裁が四国電力伊方原発3号機の運転を差し止める仮処分を決定し、垂れ幕を掲げ喜ぶ住民側関係者=17日午後2時3分

 四国電力伊方原発。左から3号機、1号機、2号機=愛媛県伊方町

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転禁止を求めて、50キロ圏内に住む山口県東部の三つの島の住民3人が申し立てた仮処分の即時抗告審で、広島高裁(森一岳裁判長)は17日、運転を差し止める決定をした。「四国電の地震や火山リスクに対する評価や調査は不十分だ」とし、安全性に問題がないとした原子力規制委員会の判断は誤りがあると指摘した。

 運転禁止の期間は、山口地裁岩国支部で係争中の差し止め訴訟の判決言い渡しまでとした。

 伊方3号機の運転を禁じる司法判断は、2017年の広島高裁仮処分決定以来2回目。伊方3号機は定期検査のため停止中。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加