小城市のコイ料理店7店舗で2月1日から、コイの刺し身が味わえる「寒鯉(かんごい)まつり」が開かれます。2月末までの期間中、コイの塩辛やあんかけなどの特別メニューも用意され、脂がのった冬のコイ料理が楽しめます。
 コイの刺し身は、流水で調理する「洗い」とは違った食感と新鮮な味わいが特徴で、酢みそではなくしょうゆを付けて食べます。清水鯉料理振興会の加盟店が4年前から毎年この時期に開いており、通常の料理を注文すると刺し身が振る舞われ、特産品などが当たる抽選会にも参加できます。
 加盟店は、清水の滝周辺に立ち並ぶ清見屋、深松屋、清水屋、清滝、鯉御殿、鯉しげ、白滝の7店舗。このうち清水屋で塩辛、鯉御殿と白滝でユッケ、鯉しげでは白子刺しとあんかけのコイ料理を期間限定で注文できます。問い合わせは各店へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加