支えるとは、ともに歩くこと-。阪神淡路大震災発生後、ボランティアとして被災地で活動した佐賀市の嶋津眞由美さん(61)は、被災者とのふれ合いの中で「ボランティアの心構えを教えられた」と振り返る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加