昨年8月末の記録的大雨で、災害ごみの仮置き場になった杵島郡大町町の町民グラウンドのごみの搬出と土の入れ替え作業が終わり、20日から使用が再開される。 グラウンドは約1万平方メートル。災害ごみは可燃物、不燃物、粗大ごみ、畳、布団、家電などが分別して置かれた。