佐賀市は16日、バイオマス事業で市清掃工場北側の大和町に整備中の用地約21ヘクタールを藻類培養拠点として企業に売却する計画が、当初予定していた今年3月より最長で1年遅れる見通しを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加