武雄鍋島家資料の中に、写真プリントのための暗室用ランプがあります。 江戸後期、積極的に蘭学を導入した武雄領主鍋島茂義は、写真にも興味を持っていました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加