大町ひじり学園の前生徒会執行部の4人

 大町ひじり学園9年(中学3年)の於保杏奈さんを生徒会長とする生徒会執行部員の4人は、昨年12月までの任期中、生徒の代表として活動しました。

 昨年8月末に水害に遭った際、県内外から多くのお見舞いのメッセージや募金が届きました。企画部長の小井手蓮さんは「とてもうれしかった。自分たちも何かしなくちゃいけないと思った」と話します。その後、台風19号の被災地の千葉や長野へ募金を送り、善意のリレーが実現しました。

 於保さんは「会長になって最初はうまくいかないこともあったけど、仲間と協力して乗り越えられた」と振り返ります。これから待ち受ける受験や、さまざまな困難も克服して成長していくのでしょう。(地域リポーター・武富由美=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加