■社員の採用や人材育成についてどう考えているか。 近年、酒造りに興味を持つ若者は多く、海外からも「酒造りをしたい」と連絡をもらう。幸いにも、人材確保には困っていない。 各部門の責任者など社員とはよく話して考え方を共有している。