Excelの「セルの読み上げ」機能を知っていますか。使い方によっては超便利な機能ですが、初期設定ではメニューに表示されていないので、知らない方も多いのではないでしょうか。

 選択範囲の数値や文字データをコンピュータの音声で読み上げてくれるもので、確認作業は目だけでチェックするより、読み合わせの方が効率よく楽です。ワードで作成した文書もコピーしてセルに貼り付ければOKです。Excelのセルに格納できる最大文字数は3万2767文字ということなので長文も問題ありませんね。スピードも以前より少し速くなっており、数値や日付データも表示形式のまま読み上げてくれるので「〇〇円」とか「令和〇年」、「〇時〇分」など自然な感じです。

 機能の追加は、ファイルのオプションから「リボンのユーザー設定」を選択。「コマンドの選択」から「すべてのコマンド」に切り替えて「セルの読み上げ」を選び、好みのメニュータブに新しいグループを作成し「追加」します。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加