九州北部上空に寒気が流れ込んで雲が広がり、天山(標高1046メートル)では初冠雪を観測した。寒気や放射冷却などの影響で佐賀市川副や嬉野では氷点下を観測。初冠雪は平年より40日遅く、昨シーズンより18日遅い。

天山初冠雪、平年より40日遅く(2020年1月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加