小泉進次郎環境相

 小泉進次郎環境相は15日、省内で開いた会合で「育児休業」を取得する意向を表明した。短時間勤務やテレワークなどを組み合わせ、月内に予定されている第1子誕生後の3カ月間に合計2週間程度、育児のための時間を確保する考え。国会議員に育休規定はなく一般の育休とは異なるが、閣僚として前例のない対応とみられる。

 小泉氏は公務の責任は果たすとした上で「環境省内で気後れすることなく育休を取得できるようにしたい」と述べた。省庁トップが率先して子育てに取り組む姿勢を示すことで、他の行政機関や民間企業で働く男性の育休取得を後押しする狙いもあるとみられる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加