九州電力は14日、契約者の一部に対する電気料金の請求書の発送遅れが起きたと発表した。10日時点で影響が出ているのは6、7両日に電気使用量を検針した九州全県の計8万3870件で、契約者全体の約1%に当たる。九電はシステム障害が原因と説明しており、復旧作業を急いでいる。