講演する北海道議会議員で小城市出身の渕上綾子さん(提供写真)

 小城市出身で北海道議会議員の渕上綾子さんが18日午後1時半から、佐賀市高木瀬町の県教育会館で講演会を開く。体と心の性が異なるトランスジェンダーを公表して活動する初の都道府県議が、自分らしく生きようとする人たちにエールを送る。

 渕上さんは1975年に生まれ「大介」と名付けられた。小城高を卒業、北海道大大学院を修了し、農林水産省北海道農業試験場に勤務した。2001年からは札幌市のショーパブで18年間働いた。04年に戸籍の性別を変え、19年に北海道議会議員に当選している。

 物心ついてから女の子と自覚して成長する中で、経験してきたことや思いを語る。多様な性自認や性的指向だけでなく、障害や年齢などあらゆる多様性を受け入れ、誰もが自分らしく生きていける社会づくりを訴える。

 主催する県教職員組合の納冨美由紀副執行委員長は「当事者の思いを知り、多様性を当たり前に受け止められる世の中になってほしい」と語る。問い合わせは同組合、電話0952(31)7161。

このエントリーをはてなブックマークに追加