佐賀大の学生が企画したビジネスプランの発表会が16日と23日の午前10時半から、佐賀大農学部大講義室で開かれる。「ITを活用した社会問題の解決」をコンセプトに、3年生約40人が13班に分かれて発表する。一般の聴講もできる。

 佐賀大とソフトウエア開発のオプティム(本店・佐賀市)が連携して実施する「がばいベンチャーの作り方講座」の一環。2~3年生が受講し、プログラミング技術やアントレプレナーシップ(起業家精神)、ビジネスプランについて学んできた。これまでのまとめとして3年生がビジネスプランを企画して発表する。

 16日は、大学に放置された自転車をリサイクルして貸し出す仕組みや「有給管理アプリ」など七つのテーマで発表。23日は「在庫管理カレンダー」や「税金」など六つの企画を提案する。

 聴講の希望者は事前に連絡が必要。問い合わせは佐賀大農学部田中宗浩教授、電話0952(28)8798。

このエントリーをはてなブックマークに追加