世界ボクシング機構(WBO)は13日、昨年末にフライ級で3度目の王座防衛を果たした田中恒成(畑中)をスーパー王者に認定すると発表した。抜群の実績を評価されたもので、世界的な知名度を誇るライト級のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)もスーパー王座を保持する。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加