伊万里ハーフマラソン大会で新設された3キロ車いすの部をスタートする選手=伊万里市伊万里町

スタート前の選手を激励する谷口浩美さん=伊万里市松島町

3キロの部をスタートする選手=伊万里市伊万里町

ハーフマラソンの部3位、佐賀県出身者ではトップでゴールした森太一選手

 伊万里ハーフマラソン(伊万里市、佐賀陸協など主催)が13日、市街地を発着点に伊万里湾を周回するコースで行われた。今年から車いすの部(3キロ)が設けられ、約3800人が沿道の声援を受け気持ちよい汗を流した。

 車いすの部は、地元の競技者らが「佐賀県内に車いすで出場できるロードレース大会がないので、伊万里の大会に設置してほしい」と要望して実現。県内外から13人が出場した。

 優勝した同市松浦町の百武強士選手は「多くの人に応援してもらい、すごく楽しかった。私たちの要望に応えてくれた関係者に感謝したい」と語った。有田工高2年の内田琢馬選手は「知り合いがたくさん応援に来てくれてうれしかった」と笑顔で汗をぬぐった。

 ハーフマラソンは男子が福岡県の古川大晃選手、女子も福岡県の花田まり選手が優勝した。佐賀県出身者では男子が基山町の森太一選手、女子が伊万里市の内野加那子選手がともに3位でトップだった。

 この日はハーフマラソン男子の上位2人が大会新を記録するなど各部門で好タイムが出た。気象条件に恵まれたことに加え、箱根駅伝で話題になったナイキ社製の高反発厚底シューズの効果が考えられ、ゲストランナーの谷口浩美さん(元五輪日本代表)はスタート前のあいさつで「ナイキの靴を履いている人がいっぱいいますね。是非、自己記録を更新してください」と言って笑いを誘った。

 大会は2015年から始まり6回目。市内の高校生約250人がボランティアで運営を手伝った。

このエントリーをはてなブックマークに追加