嵯峨天皇の皇子の末裔(まつえい)源久が肥前国松浦郷に西下して、松浦氏を称したことが松浦党の発祥となり、久の長子直は久安年間(1145~1151年)に現在の東山代町里に政庁を築き、その鎮守として一の宮青幡(あおはた)神社、二の宮白幡神社と脇野の宝積寺を創建しています。