Q 私は、3年前に前夫と離婚して間もなく、今の夫との子どもが生まれました。出生届を出そうとしたのですが、子どもの戸籍の父親欄に血縁上の父である今の夫ではなく前夫が記載されてしまうと聞き、出生届を出せないままになっています。

 前夫からは激しい暴力を受けたこともあり、前夫に子どもを産んだことを知られたくありません。どうすれば子どもの戸籍を作れますか?

 

 A 民法772条の規定により、離婚から300日以内に生まれた子どもの父親は前夫と推定されます。

 もっとも、離婚から300日以内に子どもが生まれた場合でも、離婚後に懐胎したことが医師の診断書などで医学的に証明できる場合には、証明資料を添付することで、前夫を父としない出生届を出すことができます。

 それ以外の場合でも、前夫とは長期間別居状態であったなど、お子さんが前夫の子どもでないことが客観的に明らかである事情があるときには、裁判所での手続きによって戸籍上も今の夫の子どもにできる場合があります。無戸籍解消の方法として、一般的には、家庭裁判所に嫡出否認・親子関係不存在確認・強制認知・就籍許可の申し立てなどがあります。方法によっては、前夫の関与なく手続きを進めることができる場合もあります。

 子どもの戸籍がないままの状態が続くことは、子どもの福祉の観点からも望ましいことではありません。もっとも、無戸籍の解消にどのような手続きが可能かは、事案によって異なりますので、まずは弁護士にご相談ください。佐賀県弁護士会では、無戸籍の問題の解消に取り組んでいます。弁護士会にご連絡をいただければ、無戸籍の問題に詳しい弁護士を紹介することができます。(佐賀市 弁護士 弁護士 名和田陽子)

このエントリーをはてなブックマークに追加