講演するNPO法人「TEAM・田援」の筒井義冨代表理事=佐賀市文化会館

 県農地・水・環境フォーラムが11日、佐賀市文化会館で開かれた。NPO法人「TEAM・田援(でんえん)」(茨城県)代表理事の筒井義冨さんが「地域活動の展開を考える」をテーマに、地域資源を生かした活動の事例を紹介した。

 筒井さんは、アイスキャンドルを使った寒地ならではの観光イベントを行う北海道下川町などの事例を紹介した。地域資源について、土地や施設だけでなく気象や人物なども含まれるとし「どんな地域にも地域資源が存在する。他地域との違いこそ資源」と話した。

 交付金を活用した県内の取り組みとして、住民たちが定期的に行っている農地の保全活動や施設の点検などの紹介もあった。

 県土地改良事業団体連合会や農業団体でつくる「佐賀県農地・水多面的機能推進協議会」が開催。交付金の事業に取り組む団体の関係者ら約1250人が聴講した。

このエントリーをはてなブックマークに追加