佐賀市消防団(合満進団長)の出初め式が12日、佐賀市兵庫北の佐賀市民運動広場で開かれた。団員約2000人が制服姿で参加し、地域の防災や防火に向けて気持ちを新たにした。 秀島敏行市長は、8月末の佐賀豪雨に触れ「毎年大きな災害が起こっている。