第三章 疾風怒濤(六十八) 大隈は内戦が勃発する前に大政を奉還させるべく、土佐藩に功を取られる危険を冒した。それが裏目に出たからと言って、何も手を打たなかった島義勇に文句を言われる筋合いはない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加