記念誌「更生保護佐賀」を手にする鍵山俊明会長=佐賀市

 更生保護法人佐賀県更生保護協会(竹下敏昭理事長)と佐賀県保護司会連合会(鍵山俊明会長)は、更生保護制度施行70周年記念誌「更生保護佐賀」を発行した。県内の更生保護の現状や、保護司会と関係団体の活動状況などをまとめている。

 記念誌は5年ごとに作成している。保護司の数や保護観察事件推移など更生保護の概要についてデータも交えて解説する。県内の各保護司会の組織体制や活動実績を掲載するほか、更生保護女性会も地域別に紹介している。

 更生保護制度に関しては、2016年12月に再犯を防ぐ取り組みを国や自治体の責務とする再犯防止推進法が施行した。記念誌編集委員会の委員長を務めた鍵山会長は「更生保護のさまざまな記録を載せている。保護観察対象者がやり直しができる地域になるよう、住民の理解や自治体の取り組みが進んでほしい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加