引退セレモニーであいさつする元鳥栖の池田圭氏(手前右)。左は谷口博之氏=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 新体制発表会では、サガン鳥栖で10年間プレーし昨年末に現役を引退した池田圭氏(33)の引退セレモニーもあった。池田氏は「生活の全てがサガン鳥栖とともにあった。ファンの皆さまが、どんなときも僕を支えてくれた」と感謝の言葉を述べた。

 FWとして活躍した池田氏は持ち前のハードワークで鳥栖らしいサッカーを体現した。セレモニーに池田氏が登場すると歓声が起こり、「サガン鳥栖とは池田圭である」と書かれた旗を掲げるサポーターもいた。セレモニーでは家族から花束を贈られ、選手たちから胴上げされた。

 同じく昨季で引退した谷口博之氏(34)とともに、今季から鳥栖のスタッフとしてチームの強化を担当する。池田氏は「多くのことを学びながら、将来の道をつくっていきたい」。今度は裏方としてハードワークしていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加