多久市西多久町の伝統野菜「女山大根」の消費拡大を目指し、地元の住民たちが漬物の商品化に取り組んでいる。西九州大学の学生や食品加工会社と協力して試作を続けており、11日に町内で開いた試食会の意見も踏まえて改良する。3月上旬にも市内の宿泊施設などで販売をスタートする。