佐賀県と国土交通省は16日、九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式を巡る協議入りに向けた事務レベルの確認作業を開始する。山口祥義知事は「フル規格での整備を前提にしない」と明記した文書を残すことを協議入りの条件にしており、国交省がどういった協議の枠組みを提案するかが焦点になる。