山口知事(左)に全国茶品評会での受賞を報告する吉牟田由紀子さん(左から2人目)や村上嬉野市長(右)=佐賀県庁

 第73回全国茶品評会「釜炒(い)り茶の部」で農林水産大臣賞を受賞した嬉野市の吉牟田由紀子さん(56)が佐賀県庁に山口祥義知事を訪ね、受賞を報告した。受賞した茶を試飲した山口知事は「本当においしいですね」と笑顔を見せ、「来年度もぜひ連覇してください」と激励した。

 8月に愛知県で開かれた品評会には19府県から920点が出品され、釜炒り茶部門には約110点の応募があった。

 吉牟田さんが一席となったほか、上位3点の合計で嬉野市が最高賞である「産地賞」を3年ぶりに受賞した。嬉野市の村上大祐市長や茶業関係者も同行した。

 山口知事は一連の受賞を祝福し「今後、もっとお茶を世界に向けて発信していこう」と、うれしの茶の振興に力を入れたい考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加