金明輝監督

 新シーズンの指揮を執る金明輝(キン・ミョンヒ)監督が10日、メディア向けの新体制発表会で補強やチームづくりについて言及した。

 -補強に関して重きを置いた点は何か。

 ボールを持てる、走れる、メンタル的にもチームのためにしっかり戦える選手をチョイスした。僕がやりたいことをクラブが容認してくれ、しっかり意見を出させてもらった。

 -まだ補強はあるか。

 可能性は残すが、現時点では十分な補強。僕の中では満足している。このメンバーで戦いたい。

 -昨季指揮を執り、手応えを得た部分と改善したい点は。

 良かった点は守備をアグレッシブにできるようになったこと。守備のベースはある程度イメージできている。ただ、攻撃はテコ入れが必要。失点がリーグワーストでも、得点が1位なら、その方が魅力あると思う。もちろん両方改善できたら良いが、どちらかは形にしたい。

 -昨季は開幕前のフィジカルトレーニングが少なく、試合中の走力や体力で苦労した。

 走ってなんぼと思っている。走れないチームが上位にいくことはない。ただ、むやみに走るのではなく、戦術的に頭を使いながら走らせる。適材適所で効率よく走れるチームづくりがしたい。

 -主将の選定について。

 キャンプをしっかり見て決めたい。

<関連記事>
サガン新体制発表 新加入13選手コメント

サガン鳥栖、新体制発表 「最高のメンバーそろった」

2020年シーズンのサガン鳥栖新体制発表記者会見(2020年1月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加