2020年シーズンの健闘を誓うサガン鳥栖の金明輝監督(前列中央)と新加入の選手たち=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖は10日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで新体制発表記者会見を開いた。J1で9年目となる新シーズンに向け、金明輝(キンミョンヒ)監督は「メンバーは昨季と大きく変わったが、僕の中では最高のメンバーがそろった」と自信をにじませた。新加入選手もそれぞれが意気込みを語った。

 会見にはサガン・ドリームスの竹原稔社長や金監督らスタッフをはじめ、13人の新加入選手らが出席した。竹原社長は「最近はビッグネームを補強していたが、チームを中長期的に見て、監督が目指すサッカーを実現できるような思い切った選手の入れ替えができた」と手応えを口にした。金監督は「攻撃で違いを生み出したい。よりボールを持つ時間を長くし、シュートの回数を増やす」と攻撃面の改善を誓った。

 チームは11日午後2時半から、駅前不動産スタジアムで一般向けに「2020サガン鳥栖新体制発表会」を開く。

<関連記事>
サガン新体制発表 新加入13選手コメント

サガン新体制発表 金監督インタビュー「戦略駆使し走り勝つ」

2020年シーズンのサガン鳥栖新体制発表記者会見
 
このエントリーをはてなブックマークに追加