第38回全国都道府県対抗女子駅伝は12日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に9区間42・195キロで競う。平均年齢18・0歳の佐賀県チームは、粘りのたすきリレーで前回29位を上回る成績を目指す。

 1区(6キロ)は2年連続で平井見季(肥後銀行)=白石高出身=に託す。平井は39位と出遅れた昨年の雪辱に燃える。2区(4キロ)は松浦亜依(白石高)を起用。昨年12月の全国高校駅伝で区間25位と粘走したコースとほとんど同じで、その経験を生かしたい。

 中学生区間の3区(3キロ)には2年連続で全国中学駅伝に出場した橋本奏(塩田中)が挑む。4区(4キロ)は1年ながら昨年の全国高校総体、国体に出場した小松夕夏(唐津東高)がつなぐ。

 5区(4・1075キロ)は渡辺夕奈(中京学院大)=佐賀清和高出身=が担う。昨年10月の全日本大学女子駅伝ではアンカーを務めた。6区(4・0875キロ)は4年ぶりの出場となる山口遥(佐賀清和高)が臨む。

 7区(4キロ)は昨年に続いて笠原奈月(白石高)が出走する。得意の下りで区間上位を目指す。もう一つの中学生区間となる8区(3キロ)は前田穂乃香(有明中)が初の全国舞台に挑戦する。

 全距離の約4分の1を走る最終9区(10キロ)は横石悠貴(九電工)=白石高出身=が担う。1カ月前に1万メートルの自己ベストを更新するなど好調を維持している。

 チームの目標タイムは2時間22分0秒に設定した。樋渡朋子監督(佐賀清和高教)は「みんなの心には昨年より一つでも上にという思いがある。若さを生かしてチャレンジしたい」と話す。

▽監督

  • 樋渡 朋子(佐賀清和高教)        (7)

▽コーチ

  • 吉冨 博子(メモリード)         (1)
  • 吉岡 海玲(佐賀銀行)          (2)

▽選手

  • ◎平井 見季(肥後銀行、白石高出身) (9) 16分19秒38
  •  横石 悠貴(九電工、白石高出身)  (6) 16分16秒58
  •  田中 佑香(福岡大、鳥栖工高出身) (4) 16分55秒65
  •  渡辺 夕奈(中京学院大、佐賀清和高出身)(2)16分43秒89
  •  笠原 奈月(白石高3年)      (2) 9分55秒11
  •  山口  遥(佐賀清和高3年)    (4) 9分58秒71
  •  山下  藍(佐賀清和高3年)    (3) 9分42秒91
  •  山下 花音(佐賀清和高3年)    (3) 10分2秒72
  •  松浦 亜依(白石高2年)      (3) 9分44秒85
  •  小松 夕夏(唐津東高1年)     (3) 9分38秒78
  •  橋本  奏(塩田中3年)      (2) 10分6秒04
  •  前田穂乃香(有明中3年)      (1) 10分4秒09
  •  中島 遙音(東原庠舎東部校8年)  (1) 10分33秒64

※左から氏名、所属、出場回数、ベストタイム(大学生・社会人は5000メートル、中高生は3000メートル)。◎は主将。

このエントリーをはてなブックマークに追加