市長会との懇談会で長崎ルートの整備に関して考えを述べた山口祥義知事(左)=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 佐賀県の山口祥義知事は10日、九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)をフル規格で整備するとした与党方針を念頭に、「(フル規格への反対意見が多い)県民の雰囲気がしっかり東京に伝わっていないのでは。国会議員の皆さんにも役割を果たしていただきたい」と述べた。市長会による新年恒例の行政懇談会で言及した。

 山口知事は県内全10市の市長を前に、フル規格を前提とした協議には応じられないとする従来の姿勢について「新年になってもいささかも変わらない」と話した。「予算に余裕を持って健全な経営をしなければ、災害などの事態に対して市町の要望に応えられない」と、フル規格で整備する場合の財政負担に懸念を示し、改めて在来線を重視する考えを強調した。

 山口知事は、与党プロジェクトチーム(PT)メンバーの県関係国会議員がフル規格を求めている点を踏まえ、「国会議員には(県民世論を政府与党に伝える)役割を果たしていただきたい」と指摘した。

 2022年度の暫定開業に向けて駅の整備が進む武雄、嬉野両市は全線フル規格での整備を求めているが、山口知事は「佐賀県は意見を封じることなくやっているので、それぞれの考えで協議していただいたらいいと思う」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加