地球温暖化による異常気象が顕在化する中、温暖化防止を求める若者の世界的運動の先駆けとなったスウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(17)が、米誌タイムの「2019年パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。「地球が直面する最大の課題の代弁者になった」との評価で、これまでで最年少の選出である。彼女の訴えが世界的なうねりとなっている現実を私たちは真摯(しんし)に受け止めなければならない。

 「よくぞ、あんなことを…。世界の首脳らに怒りをぶつけたグレタさんの目は、オオカミの目のようだった」。武雄中2年の久保昊実(こうみ)さんは佐賀新聞の「ひろば」欄にこう感想を寄せた。昨年8月末に記録的豪雨がふるさとを襲ったことも踏まえ、「私と世代が同じなのに、大人たちに本気の対策を要求するのは勇気がいることだ」と尊敬の念も。こうした共感が世界中に広がっている。

 グレタさんが地球温暖化に対する大人たちの無策や無関心を痛烈に批判し始めたのは2018年8月、15歳のときだ。「未来がないのに学校に行っても意味がない」と週に1回ストライキし、温暖化対策を求めて首都ストックホルムの国会前に座り込んだ。たった1人で始めたこの訴えが一気に拡大し、約1年後の昨年9月20日の世界一斉デモには、約160カ国の400万人以上が参加した。

 彼女の強い信念と行動、言葉が人を引きつける。昨年9月の国連気候行動サミットでは「あなたたちが話すことは、金のことと永遠の経済成長というおとぎ話だけだ」と各国代表に向けて演説した。12月にスペインで開かれた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)では「各国の指導者は未来と今の世代を守る責任がある」と訴えた。この時の大規模デモにも日本人の若者を含む数万人が加わった。

 「地球が悲鳴を上げている」という彼女の訴えが心に響いてくるのは、誰もが異常気象を痛感しているからでもある。高温化はすさまじく、昨年5月26日、北海道で39・5度を観測。夏以降は台風が立て続けに関東などを襲い、甚大な爪痕を残した。佐賀県民にとって8月末の豪雨は決して忘れられない。当然ながら、国内の災害対策だけでは不十分で、温暖化に歯止めをかける世界規模の取り組みが求められている。

 温室効果ガスの排出削減については、各国が自主的な目標を掲げて排出削減を進める「パリ協定」が今年から本格始動する。昨年末のCOP25では、一部積み残されていた協定の実施ルール作りを目指したが、各国の思惑も絡んで合意に至らず、次回会合に先送りすることになった。仮にパリ協定で各国が約束した削減が実現しても、今世紀末には産業革命前に比べて平均気温が約3度高くなるという。日本は小泉進次郎環境相が出席したが、石炭火力発電からの脱却など意欲的な姿勢を示せず、批判も受けた。

 グレタさんは共同通信の取材に「今年も権力を持つ人たちに圧力をかけ、人々に意識を広め続ける」と強調、招待されれば初訪日する意欲も示している。新しい年の始まりである。彼女に続き、自らが信じることをまっすぐに訴え、温暖化防止に向けて確かな一歩を踏み出したい。(杉原孝幸)

このエントリーをはてなブックマークに追加