佐賀県は、県内の高校生をタイに派遣する「タイ青少年交流事業」への参加者を募集している。3月6~11日の日程で、現地の学校での交流やホームステイ、歴史・文化施設の視察などを予定している。応募は1月15日必着。

 東京オリンピック・パラリンピックに向け、佐賀県がタイの事前合宿などを受け入れる「ホストタウン」であることを受けた事業。県内に住む高校1、2年生とそれに相当する特別支援学校生や高専生などが対象で、帰国後もタイとの交流活動やホストタウン関連事業、ホームステイの受け入れやボランティアに参加することが条件。事前説明会や研修会、帰国後も事後研修と報告会がある。

 募集人数は7人で参加費は5万円。参加申込書と保護者同意書のほか、「プログラムへの参加に当たって」「タイ派遣で経験してみたいこと」「タイの人に伝えたい佐賀県の魅力」の3テーマで書いた作文で選考される。提出と問い合わせは県地域交流部国際課、電話0952(25)7328。

このエントリーをはてなブックマークに追加