手帳や拳銃などの携帯品を確認する杉内由美子本部長(左)=佐賀市の県警本部

 新年に合わせて警察官の士気を高めようと、佐賀県警本部長による通常点検が9日、佐賀市の県警本部で行われた。警察官約150人が参加し、県内の安全安心に向けて決意を新たにした。

 引き締まった表情で整列した警察官は、手帳や拳銃などの携帯品を指揮官の合図で素早く取り出した。杉内由美子本部長は服装や姿勢、態度を見回りながら、携帯品が適切に身に着けられているかなどを確認した。

 その後、杉内本部長は「士気旺盛な姿に接し、心強く、頼もしく感じた。訓練を通じて技能の向上と精神力を養い、本年も全力で職務にまい進してほしい」と訓示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加