服部大次郎さん「姉・妹1」

渡辺潔さん「頂戴い」

櫻井昭子さん「黒いね」(アクリル画)

三好道子さん「南天」(水彩)

 県内のプロやアマチュア画家による作品展「めでたい展」。正月にちなみ、今年のえとや縁起物、富士山などをモチーフにした作品約60点を並べており、新たな年の運気を高める趣向。

 櫻井昭子さん(佐賀市)のアクリル画「黒いね」は、キャラクター風に表現した黒いネズミが上を向いてたたずむ様子が愛らしい。「今年は年女なので、初めてネズミをモチーフとした作品を描いてみた」と話す。

 赤々としたナンテンの実を配した三好道子さん(佐賀市)の水彩画「南天」も目を引く。水分量を調整しながら、和紙がにじまないよう注意し、細い筆で緻密に仕上げた。

 服部大次郎さんの「姉・妹1」は、晴れ着姿の幼い姉妹を表情豊かに描いた。下村康二さんの油彩画「紅(べに)富士」は、富士の山頂が朝陽に色づく。このほか、立体作品も並ぶ。

 ▼「めでたい展」は佐賀市松原のギャラリー「シルクロ」=電話050(1438)0501=で、12日まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加